オメガ3脂肪酸はきなりが一番?実力ランキング大公開

オメガ3脂肪酸サプリランキング!1位はきなり?

 

オメガ3たっぷりのきなり!

 

きなりは、DHA&EPAサプリメント商品です。さくらの森から販売されています。摂取目安量は1日4粒で、それにより、500mgのDHA・EPAを摂取することができます。商品作りにもいくつもの工夫が見られます。その1つは、量をしっかり摂取することができるようにしているというものです。

 

また、クリルオイルという素材を採用し、品質が劣化しないように工夫されています。さらにきなりの特徴として、ナットウキナーゼを配合している点があげられます。そこには、欧米化した現代の食事を、日本的なものに戻したいという思いが込められています。

 

うっかりや物忘れをすることが増えた、毎日の食生活が崩れがち、といった方などにおすすめのサプリメントです。利用者のリピート率は92.3%と、非常に高いです。この点から、満足して愛飲を続けている方がすでにたくさんいらっしゃることが分かります。きなりを含むオメガ3サプリの一覧はこちらをどうぞ。参考:オメガ3サプリランキング

 

DHA・EPAの弱点をカバーしている

 

DHAやEPAの持つ弱点として、酸化しやすいというものがあげられます。DHAやEPAは酸化してしまうと、品質が劣化した状態となってしまいます。そのため、きなりはこの点にもしっかりと対応し、アスタキサンチンという物質を配合されています。

 

ビタミンEの約1,000倍とされるパワーを持つ赤の力が、DHAやEPAの劣化を防ぎ、素材の持つ本来の良さを守ってくれているのです。さらに、きなりはDHA・EPAを、1日分の4粒あたりで500mgの配合しています。非常にたっぷりとした量です。そのため、豊富な栄養を効率良く摂取することを目的としての利用にも、適しています。

 

毎月先着人数限定、特別キャンペーン価格

 

特別モニターコースというものが、きなりには用意されています。そのコースは2つで、1袋のコースと2袋のコースがあります。どちらも、通常価格の67%オフで販売されています。破格の値段と言って良いでしょう。ちなみに、この値段は初回限りです。2回目以降に届けられる際の値段は、毎月33%オフとなります。

 

また、送料も無料です。商品自体の値段がとてもお買い得であることに加え、その点も魅力的です。このように、モニターコースの価格設定は良心的で、とても始めやすく継続しやすい者となっています。

 

1袋コースの販売は毎月先着500名、2袋コースの販売は毎月先着100名に限定されています。購入を希望される方は、他の購入希望者に先を越されないよう、早めのお申し込みをおすすめします。

 

きなりの口コミ

 

60代女性

 

以前、別のサプリメントを利用したことがあったのですが、そのときは魚の生臭さが気になってしまい、使用を中止しました。きなりはDHAサプリですが、魚臭いと感じないため、とても重宝しています。

 

50代男性

 

健康診断で数値に問題があると言われたため、生活習慣を見直し、健康促進と病気予防をすることにしました。きなりを飲み始めたのはその一環です。栄養摂取の改善が効果をもたらしてくれたのか、数値に改善が見られました。

 

オメガ3脂肪酸を多く含む食べ物

 

 

魚類の脂分、亜麻仁油、エゴマ油、シソ油といったものが、オメガ3脂肪酸を多く含む食品の代表例です。上記の食品の多くは、魚の脂分を除いて、普段目にする機会が少ないのではないかと思います。使い方もあまり思い浮かばないかもしれませんが、例としては、サラダのドレッシングなどに利用してみるといったものがあります。

 

魚類に含まれるDHA・EPA

 

青魚に多く含有されている油は、オメガ3脂肪酸の中でも代表とされる食品です。多くの方が、DHAやEPAといった名称を耳にしたことがあるのではないかと思います。現代において広く一般に馴染んでいるのは健康食品としてのDHAやEPAのほうであるような印象ですが、そもそもDHAやEPAが注目されるようになったのは、イワシやサンマといった青魚に多く含まれることからです。

 

DHAやEPAといった脂肪酸は、必須脂肪酸の1つです。必須脂肪酸とは、体内で生成することができず、それでいて人体に必要不可欠な脂分のことです。そのため、食べ物によって外部から摂取する必要があります。

 

ただし、同じ脂分といっても、バター、ラード、ショートニング、マーガリンといったものとは質が異なります。これらの脂肪酸は飽和脂肪酸と呼ばれ、体に害を与える可能性を持っています。対して、DHAやEPAといった脂肪酸は、必要な量の摂取を行えば、健康に対する好影響を期待することができる成分です。

 

植物油に含まれるオメガ3

 

DHAやEPAは青魚に多く含まれていますが、それ以外にも、オメガ3に属する脂肪酸を多く含む油があります。亜麻仁油しそ油エゴマ油といったものです。

 

ただし、現代日本の一般家庭で、これらの油を日常的に使用することはあまりないのではないでしょうか。自然食品の店などにおいて販売されていることは多いものの、その使用方法がよく分からない、といった方も少なくないと思います。

 

おすすめなのは、ドレッシングなどに利用してみるという方法です。どの油もそれぞれ薫り高いという特徴を持っているため、サラダにアクセントを与えてくれます。

 

また、脂肪酸の中には、オメガ3の他にオメガ6というものもあります。摂取が過剰になると、悪玉コレステロールのみならず善玉コレステロールも減少させてしまうという性質がありますが、かといってまったく摂取しないのも、健康上良くありません。

 

オメガ6を多く含む食品は、コーン油、アーモンド、くるみ、ゴマといったものです。これらを利用し、適度にオメガ6も摂取するよう心がけましょう。

 

しじみ習慣

 

しじみ習慣は、オルニチンや亜鉛、タウリンなどが豊富に含まれるしじみを配合したサプリメントです。特にオルニチンに含まれる良質なアミノ酸を摂取すると、体の健康増進に役立ちます。

 

しじみ習慣は、TVCMも放映されており人気ですが、実際に飲んでいる方の79%の方がその効果に満足しています。これまでに100万個を販売するほど人気となっています。

 

通常購入もできますが、現在、定期コースで申し込むと、ずーっと10%OFFの価格・送料無料・年4回の自然基準食品のお試しなどの合計5つの特典がついてきます。お酒の飲み過ぎや翌朝の辛い二日酔いの症状によく悩む方は、ぜひ一度お試しください。

 

しじみの栄養成分を1粒にギュッと凝縮
お酒の飲み過ぎや二日酔いの症状は、しじみに含まれる栄養分を摂ると予防できます。しかし、しじみを普段の食生活に取り込み、毎日継続的に摂取する、というのは難しいこと。ですから、貴重なしじみの栄養分をギュッと凝縮したしじみ習慣が最適なのです。

 

しじみ習慣には、しじみに含まれるオルニチン・アラニン・グルタミン・ビタミン類・カルシウム・亜鉛・鉄・カロチン・メチオニン・タウリンなどの良質な栄養分が豊富な上、1日2粒程度飲むだけで、これらの栄養を補給することができます。さらに、1日約130円程度(缶コーヒー一杯分)と経済的。

 

しじみ習慣の口コミ

 

40代男性

 

どうしても会社の付き合いや接待などでお酒を飲む機会が多く、二日酔いの症状に悩んでいました。だけど、しじみ習慣を飲み始めて、翌朝の辛い症状を感じることが少なくなり、とても快適に過ごすことができています。

 

50代男性

 

私は昔からお酒が好きで毎日飲んでいます。でも、医師から休肝日をもうけたほうがいいと言われ、ショックでした。そんなときに娘がしじみ習慣をプレゼントしてくれました。これを飲んでいると、体の機能をサポートしくれ、これまで通りお酒が飲めるようになったので、嬉しいです。これからも飲み続けます。

 

タウリンとアスピリンは同時に摂取しない

 

ひどい頭痛や腹痛に襲われてしまったときや、腰痛や神経痛、手術後の痛みなどに対して、薬を用いて対処することがありますね。こういった鎮痛剤と呼ばれる医薬品を利用している場合、タウリンを摂取することについては注意が必要になります。今回はタウリンを摂取する前に確認しなければならないことについて紹介しましょう。

 

頭痛薬や痛み止めの多くに使用されている成分に、アスピリンというものがあります。アスピリンは痛み止めの効能を主に持っているもので、様々な種類の薬に配合されて用いられています。中にはアスピリンが入っているとわからずに服用している場合も多く、それほど一般的に使われている使用用途が広い成分です。実はこのアスピリンは、タウリンを一緒に摂取することは避けるように言われているものなので、注意しなければならないのです。

 

というのは、このアスピリンはタウリンを摂取することによってその効果がいっそう強く出てしまうことがあるので危険だとされているのです。強く痛み止めが出るのならいいのではないかと感じるかもしれませんが、痛み止めというのは痛覚神経に影響を及ぼしてその信号を感じられなくするものです。

 

ですから、強力に神経を麻痺させてしまって元に戻らなかったり、肉体が実際にダメージを受けていてもその程度がわからずに放っておかれるなどの危険性があるのです。アスピリンが効きすぎてしまいますと逆に副作用のリスクを発生させてしまうために、注意が必要だといわれているのですね。

 

タウリンを摂取することで健康に良い効果をもたらしたいのに、アスピリンを同時に摂取したことによって重篤な症状を引き起こす危険性が高まってしまうなら意味がありません。ですから、タウリンを摂取しているときは痛み止めなどを飲むのをやめるか、もしくは痛み止めを飲むのならタウリンは控えておくとか、また成分をきちんと確認してから摂取するように気をつけましょう。

 

痛み止めの中にはアスピリンを使用していないものも勿論ありますから、そういった薬を服用するのも良い方法なのではないでしょうか。

 

こちらもお勧め>>>タウリンサプリランキング天然版!おすすめはどれ?

 

 

更新履歴